運転姿勢が正しくなるのでハンドル操作が確実になり、疲労が少なくなる

車を運転する時、運転姿勢はとても大切です。何故なら、ハンドル操作が確実なものとなり、疲労が少なくなるためです。
では、正しい運転の姿勢とはどのようなものでしょうか。シートに深く腰掛ける必要があります。背中とオシリをシートにしっかりとくっつける形で座ります。こうすることで、腰に負担がかからなくなり疲れにくくなるのです。
次に、正しい姿勢で座るために、必要な事が幾つかあります。まず、シートをスライドさせて調整することです。フットレストに踏ん張った時に、しっかり膝が曲がるように調整します。こうすることで身体が安定します。また、ハンドルを調整します。これはハンドル操作の時に肩が前へ動かないかが、ポイントです。ハンドルを握った時に、かるく肘が曲がっているかどうかもチェックポイントとなるでしょう。次に、シートは高めに調整します。体格にあったシートの高さに調整しておかないと、足が浮いたりして踏ん張ることが出来ず、腰が辛くなります。
このように、車を運転する時の姿勢が正しくなると、ハンドル操作がとても楽になります。そして、疲労も少なくなります。必ずシートの位置やハンドルなどを調整して、正しい姿勢で運転するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。