衝突したときに頭や胸を打つことが少なく、横転した場合もケガが軽い 

最近の新型車両はボディーの軽量化により様々な工夫がされています。
まず、ボディーの軽量化で一番のメリットが得られる理由として燃費の改善です。
大きな車体を動かすためにはエンジンが大きな負担を担い、どうしても燃料消費が多くなる傾向がありました。
ボディーの軽量化は燃費と密接した関係があります。
さらに、軽量化ボディーは車内の乗員の生命を守るためにクラッシュ性能が高く、車を潰して乗員を救うためのクラッシャブル構造を持ち合せ、さらに人身事故を起こした場合においても、被害者に与える影響も大きく考慮してあるのです。
万が一、人や自転車、ミニバイクなどの交通弱者と衝突してしまった場合に備え、最近の車のボンネットの形状はラジエーターグリルとバンパーがツライチとなり、バンパー自体の表の素材はウレタン製やFRPが多く、被害対象に大きなダメージを与えない工夫がされています。
頭部や胸部へのダメージを少なくし、車のボンネット上で被害対象の体が回転して、横転した場合においても軽症となるように設計がされています。
以前の車は頑丈なボディを持ち合せる反面、被害対象へのダメージが大きくなってしまいました。
現在、輸入車では被害対象用のボンネットエアバッグが標準搭載された車の開発もされるくらいになりました。

コメントは受け付けていません。