道路の交通によって起きる障害(交通公害)の防止を図る

自動車が増加するに伴い、それに対する公害も多く発生するようになってきました。例えば、自動車から出る排気ガスによる大気汚染や自動車のエンジン音や走行音による騒音や走行による振動などによるものです。一般的にこれらのことを交通公害と呼ばれています。これらの防ぐために道路上にはあらゆる交通規制がしかれています。例えば、最高速度の制限です。これは安全を守るということが一番の前提ではありますが、これに付随してこれらの公害を防ぐ意味でも設定されています。理由とし速度が速ければそれだけ騒音や振動が増えることにつながり、近隣住民に迷惑をかけることになります。また、速度を上げればそれだけ燃料を消費したり過剰に燃料を噴射することによる不完全燃焼によるススなどの汚れた排気ガスによる大気汚染も引き起こすことになります。また、積載制限を守ることも、これらの騒音、振動、不完全燃焼による大気の汚れを防ぐことになります。また、不正改造によるマフラーの触媒を取り外す行為も大気汚染と騒音の原因になります。ちなみにこれらの行為は全て違法行為になります。また、違法ではありませんが、マナーとして空ぶかしや急発進、急加速、急ブレーキをしない運転を個人個人が心掛けることで交通公害を防ぐことができます。

コメントは受け付けていません。