道路における交通の円滑を図る 

道路交通法とは道路での車両通行を円滑に図り、危険や障害を防止することを目的とする法律です。
これに違反すれば道交法違反でそれに応じた反則金や点数による処分があります。
歩行者に対する脅威であったり、他の車両の安全な通行の妨害、路面電車などの妨害、バイクや自転車の走行に対しての危険運転、その他の危険運転、走行中の様々な違反に対してこの法律が適用され、その法律により処罰されます。
導入当初は事故そのものや違反が少なかったのですが、さらに車の性能が良くなるにつれて違反者の違反度合が高くなってきた経緯があり、年が経つごとに道路が整備され、日本人の多くに車が行き渡ることにより、違反者の数も増え、また、夜間営業する飲食店舗やお酒を提供する店舗の営業が増えたことにより、飲酒運転で取り締まり対象となる人も増えました。
違反者のほとんどが、信号機のせいにしたり、自分だけではないと言ったり、取締りにあたった警察官が隠れていたなどの言い訳をして、ごねる場合が非常に多いのですが、そもそも違反そのものは、相手や車に理由があらず、違反者本人のモラルに問題があり、罰則を大きくすることで戒めと反省の気持ちが高くなり今後、違反者を減らすということが目的であるのです。

コメントは受け付けていません。