道路における交通の安全を図る 

道路という公共のものを使用するにあたり道路交通法という法律があり、これに則って安全かつ危険の防止を目的として道路を利用しなければいけません。 道路というのは危険が多く潜んでいて、歩行者、自転車、バイク、自動車と様々な人や車両の往来があります。 この道路上においての道交法は主に運転者に摘要されるもです。 毎日必ず日本のどこかで事故は起こっていて、これをゼロにすることは出来ません。 しかし、少なくする努力で事故は大幅に減少することは間違いありません。 確かに、気を付けていても事故は起こるのですが、公共の道路というものを利用し、さらに走る凶器と化す自動車の運転をするドライバーがそのことをよく理解して、常に運転に集中し危険に対しての懸念をもっていれば、事故は減り、万が一起こしたとしてもそれ程大きな事故にはならないというのは確かです。

事故を起し加害者となれば、愛車の損傷に、被害対象に対しての補償や謝罪、行政処分、自分が被害者であれば、入院や怪我など多くの時間や手間がかかり、仕事も出来ないことがあり、生活そのものにも支障が出ます。 事故は起こしても起こされても関わること自体がマイナスになります。 このことさへ肝に銘じていれば必ず事故は減ります。

コメントは受け付けていません。