道路における危険を防止する 

道路には危険が多く存在します。
歩行者側から見れば自動車は走る凶器です。
道路を利用していて最悪なこととして交通事故があります。
交通事故は被害者にとっても加害者にとっても不幸なことで、被害者は怪我や生命をも奪うことがあり、加害者はその被害対象への被害を与えた度合いにより、自分のモラルの欠如で起こした事故の結果、相手に与えたダメージに対して謝罪し補償しなければいけなく、事故の度合いでは逮捕、起訴、懲役ということもありその後も一生償わなければいけないこともあり、そうなれば加害者やその家族の人生をも大きく変え、多くの人を巻き込むことが必然化します。
このような悲惨な交通事故を起こさないために、道路を利用する多くの人に道路は危険であるという意識が高くないといけません。
普段から危険防止の意識を持つことは交通事故を少なくすることにつながります。
これはドライバーだけではなく歩行者も危険を予測し、事故の原因となる行動を避ける必要があるということです。
バイクや自動車を運転したり、自転車や歩行者であっても道路には多くの危険が潜んでいるという意識を高く持ち、危ないところには近寄らないという、たったそれだけの危険予知で交通事故が少なくなるのです。

コメントは受け付けていません。