道路交通法の目的

道路交通法とは、道路を通行する際の基本的なルールや、違反した時の罰則、反則した際の処理手続きなどを定たものです。道路の使用方法、歩行者の通行の仕方や車や電車の通行方法などを定めています。運転免許についてや運転手に対する義務なども決めています。
この法律の目的は、大きく分けると3つのことになります。
まず、道路における危険を防止することです。2番目は、道路の安全と円滑を図ること、そして3番目は、道路の交通に起因する障害を防止することです。
交通事故などの危険を防いで安全を守り、道路が滞ることないように図ることを目的としています。道路の安全が円滑に行くということにつながり、円滑に行くことが安全へとつながるといった、バランスのとれた状態を目標として定められた法律です。
詳しくは、歩道や車道とは、車両や道路標識とは、などといった細かい定義から、通行に関すること、速度に関すること、停車・駐車に関することなど細かく定められています。
この法律の適応は道路です。何かが道路で起こり、その結果が道路外に及んだ場合や、逆に道路外で起こったことの結果が、道路に及んだ場合など、原因と結果が直接的に関わりがあれば適応されます。

コメントは受け付けていません。