ドアが開いても、車外に放り出されない

シートベルトの着用は助手席は当然ですが、最近では後部座席でも着用が義務付けられるようになりました

シートベルトの着用は自分の身を守る大切なものですから着用するのは当然ですが、着用しないと事故が起きた時に大変な事が起こります。 衝突事故を起こしたときに車外に投げ出されるのを防いでくれますが、一番危ないのが後部座席と言われており、正面衝突したときは後部座席には運転席や助手席のようにエアバックが搭載されていませんので、車外に投げ出される危険性が大きいです。

勿論、運転手はシートベルトの着用は義務付けられていますし、着用していない場合は道路交通法違反で摘発されます。

小さいお子さんを自動車に乗せる場合もチャイルドシートの使用が義務付けられていますが、これも正しい装着をしないと重大事故を招く危険性があります。小さいお子さんを自動車に乗せる場合も面倒くさいですが、シートベルトを締めないといけません。

シートベルトの未装着は立派な道路交通法違反ですが、道路交通法違反の前に自分の命を守ってくれる重要な存在です。 万が一、衝突事故が起こした場合、車外への投げ出しを防いでくれますので、安全運転を実施するなら、まずシートベルトの装着が初歩的なものです。

 

コメントは受け付けていません。