‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

道路の交通によって起きる障害(交通公害)の防止を図る

2014/04/19

自動車が増加するに伴い、それに対する公害も多く発生するようになってきました。例えば、自動車から出る排気ガスによる大気汚染や自動車のエンジン音や走行音による騒音や走行による振動などによるものです。一般的にこれらのことを交通公害と呼ばれています。これらの防ぐために道路上にはあらゆる交通規制がしかれています。例えば、最高速度の制限です。これは安全を守るということが一番の前提ではありますが、これに付随してこれらの公害を防ぐ意味でも設定されています。理由とし速度が速ければそれだけ騒音や振動が増えることにつながり、近隣住民に迷惑をかけることになります。また、速度を上げればそれだけ燃料を消費したり過剰に燃料を噴射することによる不完全燃焼によるススなどの汚れた排気ガスによる大気汚染も引き起こすことになります。また、積載制限を守ることも、これらの騒音、振動、不完全燃焼による大気の汚れを防ぐことになります。また、不正改造によるマフラーの触媒を取り外す行為も大気汚染と騒音の原因になります。ちなみにこれらの行為は全て違法行為になります。また、違法ではありませんが、マナーとして空ぶかしや急発進、急加速、急ブレーキをしない運転を個人個人が心掛けることで交通公害を防ぐことができます。

道路における交通の円滑を図る 

2014/04/19

道路交通法とは道路での車両通行を円滑に図り、危険や障害を防止することを目的とする法律です。
これに違反すれば道交法違反でそれに応じた反則金や点数による処分があります。
歩行者に対する脅威であったり、他の車両の安全な通行の妨害、路面電車などの妨害、バイクや自転車の走行に対しての危険運転、その他の危険運転、走行中の様々な違反に対してこの法律が適用され、その法律により処罰されます。
導入当初は事故そのものや違反が少なかったのですが、さらに車の性能が良くなるにつれて違反者の違反度合が高くなってきた経緯があり、年が経つごとに道路が整備され、日本人の多くに車が行き渡ることにより、違反者の数も増え、また、夜間営業する飲食店舗やお酒を提供する店舗の営業が増えたことにより、飲酒運転で取り締まり対象となる人も増えました。
違反者のほとんどが、信号機のせいにしたり、自分だけではないと言ったり、取締りにあたった警察官が隠れていたなどの言い訳をして、ごねる場合が非常に多いのですが、そもそも違反そのものは、相手や車に理由があらず、違反者本人のモラルに問題があり、罰則を大きくすることで戒めと反省の気持ちが高くなり今後、違反者を減らすということが目的であるのです。

道路における交通の安全を図る 

2014/04/19

道路という公共のものを使用するにあたり道路交通法という法律があり、これに則って安全かつ危険の防止を目的として道路を利用しなければいけません。 道路というのは危険が多く潜んでいて、歩行者、自転車、バイク、自動車と様々な人や車両の往来があります。 この道路上においての道交法は主に運転者に摘要されるもです。 毎日必ず日本のどこかで事故は起こっていて、これをゼロにすることは出来ません。 しかし、少なくする努力で事故は大幅に減少することは間違いありません。 確かに、気を付けていても事故は起こるのですが、公共の道路というものを利用し、さらに走る凶器と化す自動車の運転をするドライバーがそのことをよく理解して、常に運転に集中し危険に対しての懸念をもっていれば、事故は減り、万が一起こしたとしてもそれ程大きな事故にはならないというのは確かです。

事故を起し加害者となれば、愛車の損傷に、被害対象に対しての補償や謝罪、行政処分、自分が被害者であれば、入院や怪我など多くの時間や手間がかかり、仕事も出来ないことがあり、生活そのものにも支障が出ます。 事故は起こしても起こされても関わること自体がマイナスになります。 このことさへ肝に銘じていれば必ず事故は減ります。

道路における危険を防止する 

2014/04/19

道路には危険が多く存在します。
歩行者側から見れば自動車は走る凶器です。
道路を利用していて最悪なこととして交通事故があります。
交通事故は被害者にとっても加害者にとっても不幸なことで、被害者は怪我や生命をも奪うことがあり、加害者はその被害対象への被害を与えた度合いにより、自分のモラルの欠如で起こした事故の結果、相手に与えたダメージに対して謝罪し補償しなければいけなく、事故の度合いでは逮捕、起訴、懲役ということもありその後も一生償わなければいけないこともあり、そうなれば加害者やその家族の人生をも大きく変え、多くの人を巻き込むことが必然化します。
このような悲惨な交通事故を起こさないために、道路を利用する多くの人に道路は危険であるという意識が高くないといけません。
普段から危険防止の意識を持つことは交通事故を少なくすることにつながります。
これはドライバーだけではなく歩行者も危険を予測し、事故の原因となる行動を避ける必要があるということです。
バイクや自動車を運転したり、自転車や歩行者であっても道路には多くの危険が潜んでいるという意識を高く持ち、危ないところには近寄らないという、たったそれだけの危険予知で交通事故が少なくなるのです。

道路交通法の目的

2014/04/19

道路交通法とは、道路を通行する際の基本的なルールや、違反した時の罰則、反則した際の処理手続きなどを定たものです。道路の使用方法、歩行者の通行の仕方や車や電車の通行方法などを定めています。運転免許についてや運転手に対する義務なども決めています。
この法律の目的は、大きく分けると3つのことになります。
まず、道路における危険を防止することです。2番目は、道路の安全と円滑を図ること、そして3番目は、道路の交通に起因する障害を防止することです。
交通事故などの危険を防いで安全を守り、道路が滞ることないように図ることを目的としています。道路の安全が円滑に行くということにつながり、円滑に行くことが安全へとつながるといった、バランスのとれた状態を目標として定められた法律です。
詳しくは、歩道や車道とは、車両や道路標識とは、などといった細かい定義から、通行に関すること、速度に関すること、停車・駐車に関することなど細かく定められています。
この法律の適応は道路です。何かが道路で起こり、その結果が道路外に及んだ場合や、逆に道路外で起こったことの結果が、道路に及んだ場合など、原因と結果が直接的に関わりがあれば適応されます。

運転姿勢が正しくなるのでハンドル操作が確実になり、疲労が少なくなる

2014/04/19

車を運転する時、運転姿勢はとても大切です。何故なら、ハンドル操作が確実なものとなり、疲労が少なくなるためです。
では、正しい運転の姿勢とはどのようなものでしょうか。シートに深く腰掛ける必要があります。背中とオシリをシートにしっかりとくっつける形で座ります。こうすることで、腰に負担がかからなくなり疲れにくくなるのです。
次に、正しい姿勢で座るために、必要な事が幾つかあります。まず、シートをスライドさせて調整することです。フットレストに踏ん張った時に、しっかり膝が曲がるように調整します。こうすることで身体が安定します。また、ハンドルを調整します。これはハンドル操作の時に肩が前へ動かないかが、ポイントです。ハンドルを握った時に、かるく肘が曲がっているかどうかもチェックポイントとなるでしょう。次に、シートは高めに調整します。体格にあったシートの高さに調整しておかないと、足が浮いたりして踏ん張ることが出来ず、腰が辛くなります。
このように、車を運転する時の姿勢が正しくなると、ハンドル操作がとても楽になります。そして、疲労も少なくなります。必ずシートの位置やハンドルなどを調整して、正しい姿勢で運転するようにしましょう。

ドアが開いても、車外に放り出されない

2014/04/19

シートベルトの着用は助手席は当然ですが、最近では後部座席でも着用が義務付けられるようになりました

シートベルトの着用は自分の身を守る大切なものですから着用するのは当然ですが、着用しないと事故が起きた時に大変な事が起こります。 衝突事故を起こしたときに車外に投げ出されるのを防いでくれますが、一番危ないのが後部座席と言われており、正面衝突したときは後部座席には運転席や助手席のようにエアバックが搭載されていませんので、車外に投げ出される危険性が大きいです。

勿論、運転手はシートベルトの着用は義務付けられていますし、着用していない場合は道路交通法違反で摘発されます。

小さいお子さんを自動車に乗せる場合もチャイルドシートの使用が義務付けられていますが、これも正しい装着をしないと重大事故を招く危険性があります。小さいお子さんを自動車に乗せる場合も面倒くさいですが、シートベルトを締めないといけません。

シートベルトの未装着は立派な道路交通法違反ですが、道路交通法違反の前に自分の命を守ってくれる重要な存在です。 万が一、衝突事故が起こした場合、車外への投げ出しを防いでくれますので、安全運転を実施するなら、まずシートベルトの装着が初歩的なものです。

 

衝突したときに頭や胸を打つことが少なく、横転した場合もケガが軽い 

2014/04/19

最近の新型車両はボディーの軽量化により様々な工夫がされています。
まず、ボディーの軽量化で一番のメリットが得られる理由として燃費の改善です。
大きな車体を動かすためにはエンジンが大きな負担を担い、どうしても燃料消費が多くなる傾向がありました。
ボディーの軽量化は燃費と密接した関係があります。
さらに、軽量化ボディーは車内の乗員の生命を守るためにクラッシュ性能が高く、車を潰して乗員を救うためのクラッシャブル構造を持ち合せ、さらに人身事故を起こした場合においても、被害者に与える影響も大きく考慮してあるのです。
万が一、人や自転車、ミニバイクなどの交通弱者と衝突してしまった場合に備え、最近の車のボンネットの形状はラジエーターグリルとバンパーがツライチとなり、バンパー自体の表の素材はウレタン製やFRPが多く、被害対象に大きなダメージを与えない工夫がされています。
頭部や胸部へのダメージを少なくし、車のボンネット上で被害対象の体が回転して、横転した場合においても軽症となるように設計がされています。
以前の車は頑丈なボディを持ち合せる反面、被害対象へのダメージが大きくなってしまいました。
現在、輸入車では被害対象用のボンネットエアバッグが標準搭載された車の開発もされるくらいになりました。

シートベルトの着用

2014/04/19

今では非常に多くの車が製造、そして販売されている状況にあります。このような商品を私たちは毎日利用して、生活に結びつけているのです。普段からもよく目にするものでもありますので、車のちょっとしたことを見落としやすい傾向にもあるのです。
どの車にも絶対に装着されているものがあります。例えばハンドル。これが無いとカーブを曲がることができません。その他にもアクセルペダルやブレーキペダルが該当するのではないでしょうか。もちろんこのような装置はどの車にも備わっているのですが、その他にも重要な装置があります。それは私たちの体を保護するために搭載されている装置なのです。もうお分かりになったことでしょう。それはシートベルトです。
車を運転中には必ずこれを装着しなければなりません。現在では法改正のため、その基準が更に厳しくなっております。車に乗車する全ての方が装着しなければならなくなったのです。特に後部座席に座る方も装着することによって、フロントガラスを突き破って車外に放出するような大惨事を防ぐことができるのです。これはダミー人形を使用しての衝突実験からもよく分かる内容でもあります。
またドライバーにとりましては、運転姿勢を保護することで疲労を軽減する効果もあるのです。