運転に必要な準備

まずは、燃料がキチンと入っているかを見ましょう。 基本的な事ですが、自動車に乗った時に給油メーターを見ている人は恐らくいないかと思いますが、これが意外と重要になります。 特に高速道路の乗った場合は、給油できる所はガソリンスタンドのあるサービスエリアしかないですが、これがどこにあるかがわかりません。

次にタイヤの空気圧チェックです。 この空気圧チェックも重要になり、空気圧が少ないタイヤでは走りにくいです。

そして、ヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプ各種ランプのチェックです。 実はランプが一つでも欠けていると整備不良で警察官に見つかると摘発されてしまいます。

さらに、エンジンオイルのチェックです。エンジンオイルは人間の血液に当たるものですので、汚いエンジンオイルですとエンジンが効率よく動かなくなります。

と、出発前の自動車点検はやらないことには越したことはないですが、安全に楽しいドライブをするためにはやっていたほうがいいです。 でも、これらの自動車の検査はガソリンスタンドでやってくれますから給油ついでに頼んでみるのも良いでしょう。

自動車点検の次に忘れてはいけないのが、目的地周辺の情報収集です。 スムーズに巡るために事前の下調べが必要です。

以上が運転に関する必要な準備です。
shopping03_l